医療法人 西村歯科心斎橋診療所

06-6253-2900

9:30〜18:00(日・祝は除く)

menu close

インプラントメインテナンスImplant Maintenance

再び、噛める喜びを
インプラントを長く健康に保つために

インプラントは適切なメインテナンスを継続することで長く使⽤し続けることが可能です。
しかし、メインテナンスを怠ると、インプラントの⻭周病と呼ばれている「インプラント周囲炎」を招き、せっかく治療したインプラントが抜けてしまうことがあります。
そのため、インプラントには専⾨的なメインテナンスが欠かせません。

メインテナンスがどうしても必要な理由

インプラント周囲粘膜菌

歯磨きが足りず、プラークが溜まると歯周病と同じような炎症がインプラント周囲におきます。この事をインプラント周囲粘膜炎と言います。

インプラント周囲粘膜炎

インプラント周囲粘膜炎が進行すると、インプラント周囲の骨に炎症が広がり、骨が痩せてしまうインプラント周囲炎に移行します。

パーツの緩み・破損

過剰な咬合力や、長期にインプラントを装着していると、インプラントと冠せを連結しているパーツの緩みや破損が起こる可能性があります。

インプラントを長く健康に保つためには、
セルフケアはもちろん歯科医師や歯科衛生士による
定期健診やプロフェッショナルクリーニングが
とても大切です。
当院では、さまざまなインプラントに対応し
インプラントを長期的に機能させるための
サポート体制も整えています。

検査内容

初診、カウンセリング

現状を把握するための検査について説明などを行います

写真撮影

現在の噛み合わせの状態や歯・歯肉の状態を記録します

X線撮影

視診で確認できない、骨の状態を確認します

歯周組織検査、クリーニング

磨き残しや、歯周ポケット内の異常を調べ、クリーニングを行っていきます

結果説明

リスクに応じたメインテナンスや、これから健康な状態を維持するために必要な口腔ケアについて説明します

パーツ点検・交換

必要に応じて、インプラント上部構造の着脱・パーツ点検・交換を行います

取扱インプラントメーカー

インプラント周囲粘膜炎の症例

術前

インプラント周囲の骨に異常は認めません。

上部構造を外すと粘膜が炎症を起こしています。
上部構造にもプラークや歯石がべったり付着している状況です。

術後

上部構造を洗浄し、歯ブラシがしっかり当たるようになったことで、インプラント周囲の炎症が引きました。

インプラント周囲炎の治療ケース

術前

インプラント周囲の骨がなくなっています。

術後

インプラント周囲の骨が回復していきています。

術前

インプラント周囲の炎症が強く歯茎の深さが深くなっています。

術後

インプラント周囲の炎症が引き歯茎の深さが浅くなっています。

他院のインプラント対応ケース①

術前

他院にてインプラント治療中長期的に仮歯を使用していたが、全く食事が取れず来院されました。

術後

インプラントの追加埋入や全額的に噛み合わせの治療も行い現在は、問題なくお食事をとれるようになりました。

他院のインプラント対応ケース②

術前

他院にてインプラント治療中、埋入したインプラントが痛くて噛めず来院されました。

術後

他院で入れたインプラントはそのまま使用し、インプラントと上部構造を接続する中間構造を挿入することで問題なく噛めるようになりました。


WEB予約