医療法人 西村歯科心斎橋診療所

06-6253-2900

9:30〜18:00(日・祝は除く)

menu close

マウスピース矯正

Q

マウスピース矯正(インビザライン)の治療費はどれくらいかかかりますか?

A

基本的に保険が適用されない「自費診療」になります。患者さんの歯の状態や治療期間等によっても違いますので、ご相談ください。

Q

相談するだけでも費用はかかりますか?

A

当院では、無料事前カウンセリングを行っています。カウンセリングをご希望の患者さんはご予約ください。カウンセリングの他に検査などを行う場合、別途検査費用がかかる場合もありますので、事前にお問合せください。

Q

治療期間はどれくらいですか?

A

マウスピース矯正(インビザライン)における治療期間は、患者さんの口腔内の状態、それによる治療方針や治療計画等によって異なります。まずはご相談ください。

Q

治療できる歯並びに制限はありますか?

A

マウスピース矯正(インビザライン)での治療は、ワイヤーを使った通常の矯正治療の場合と同様の適用範囲と考えられています。ただし、患者さんの歯の状態、担当医の治療方針、使用する装置の種類等によって対応できる範囲が異なります。詳しくはご相談ください。

Q

マウスピース矯正(インビザライン)が可能な年齢制限はありますか?

A

歯の矯正に年齢の制限はありません。ただし、歯の成長・発育が終了している場合は、歯の移動が円滑でないため治療期間が長くなることもあります。

Q

虫歯やインプラントがあってもマウスピース矯正(インビザライン)で治療はできますか?

A

一般的に、矯正装置をつける前に虫歯や歯周病の治療を済ませます。インプラントは動かせませんが、差し歯は動かすことができます。ブリッジなど連結されている補綴物がある場合、治療方針によっては連結部を切断したり、いったん撤去して歯を動かせる場合もありますが、患者さんの口腔内の状態によって大きく異なります。

Q

子どもでもマウスピース矯正(インビザライン)で治療はできますか?

A

乳歯と永久歯が混合しているお子様のためのマウスピース矯正(インビザライン・ファースト)もあります。6歳~10歳前後の患者さんの顎の発育をサポートし、これから生えてくる永久歯のためのスペースを作り、同時に歯並びを整えるようにデザインされています。

Q

マウスピース矯正(インビザライン)で治療中に、飲食で気を付けることはありますか?

A

マウスピースを着脱することで、食べ物の制限は基本的にはありません。水を飲む際にマウスピースを外す必要はありませんが、コーヒーなど色素が強い飲み物を飲む場合には、マウスピースに色素が沈着してしまう可能性があります。また無色透明な飲み物でも、少量でも糖分や酸味のある飲み物は、虫歯のリスクになりますので、お気軽に歯科医師にご相談ください。

Q

マウスピース矯正(インビザライン)の治療はどれくらい痛いですか?

A

痛みの感覚には個人差はありますが、マウスピース矯正(インビザライン)では、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するので、一般的に痛みが少ないと考えられています。

Q

治療の終了後にも保定装置をつける必要がありますか?

A

はい。従来型のワイヤーを使った矯正治療とマウスピースを使った矯正治療、どちらも治療後には歯を最終位置で維持するためのリテーナーを装着する必要があります。当院では透明に近く目立ちにくいリテーナー(保定装置)を提供しています。


WEB予約