トップページ > 診療項目 > 歯周再生治療 

歯周再生治療 歯周病や歯槽膿漏で失った骨や歯ぐきを再生し、健康な歯へ

歯周再生治療

歯周再生療法

歯周再生療法とは、天然歯の寿命を延ばすために、歯周病などによって溶けてしまった失われた骨や歯ぐきをできるだけもとの状態へ修復させる最新の治療法です。
比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができますが、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術が必要になるのです。

歯周病の進行例

正常
正常

歯周炎
歯周炎

初期歯周病
初期歯周病

中等歯周病
中等歯周病

重度歯周病
重度歯周病

 

すり鉢に痩せた歯のまわりの骨や歯ぐきを再生するために、患者さんご自身の口腔内の細胞を使って移植することで再生します。歯周再生歯科状療法には、GTR法とエムドゲイン法の2つがあります。

「GTR法」とは?

GTR法(guided tissue regeneration)は、歯の周りに必要な組織を再生させて、
歯の支持構造をできるかぎり元の状態に戻すという方法です。
歯周病により失った骨や歯肉繊維は、その原因である菌や汚染組織を除去すれば再生しようとします。
しかし、原因を除去した後、そのままにしておくと、治ってほしい骨や歯肉繊維が再生し定着する前に、別の組織がそこに食い込んで治るのを妨げてしまいます。
そこで、原因の除去後に “別の組織” が入り込まないように 歯肉の下に、特殊な膜(メンブレン)を置きます。
そうすることにより膜の下に必要な 骨 や 歯肉繊維 が再生します。この方法をGTR法というのです。

GTR法 イメージ

GTR法の開発当初は 歯肉の下に置いたこの膜 は溶けない材料であったため、
再度膜を取り出す手術が必要でした。現在は「吸収する膜」が開発されたため1回の診療にて行うことができるように なりました。

「エムドゲイン法」とは?

「エムドゲン法」は、「GTR法」と同じく、歯周病などによって溶けてしまった失われた骨や歯肉繊維を再生させる治療法です。エムドゲイン(EMDOGAINTM)は、スウェーデンのビオラ社で開発された歯周組織再生誘導材料で、
骨の再生を促進させるための特殊なお薬です。 子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするたんぱく質の一種が主成分になっており、汚染組織を除去した後、
歯の根に塗ることで、歯の発生過程に似た環境を再現し、歯を再生します。
GTR法は、歯肉の中に特殊なシート状の膜をいれますが、エムドゲイン法は薬を入れるだけとなります。

麻酔後、歯肉を切開します。

麻酔後、歯肉を切開します。

歯肉や肉芽組織、緑下歯石を除去します。

歯肉や肉芽組織、緑下歯石を除去します。

エムドゲインを挿入します。

エムドゲインを挿入します。

GTR膜でカバーし、歯槽骨の再生を促します。

GTR膜でカバーし、歯槽骨の再生を促します。

歯肉弁を戻し、縫合します。

歯肉弁を戻し、縫合します。

治療後、ポケットが改善されます。

治療後、ポケットが改善されます。

再生治療の治療費については、 LiCCAのトリートメントコーディネーターにご相談ください。

再生治療の治療費についてはこちら

ページトップへ

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.