トップページ > 診療項目 > 根管治療

根管治療 最小限の治療回数で、将来の歯の健康も維持できる

根管治療

根管治療

複雑な根管の様子 イメージ

根管治療とは、汚れてしまった歯の根っこの部分を掃除する治療のことです。
ミクロの汚れであっても、汚れたままの状態にしていると、歯根の先に病気が現れたり、最悪の場合は歯を失うことにもなりかねません。
これまでの保険内の治療では、根管治療を行わないため、1度治療しても数年後に歯根の先の病気が原因で再度治療が必要となり、ひどい場合ですとそのまま放置してしまったが為に、歯そのものを抜かなくてはならない場合もあります。
LiCCAでは、将来を見据えた長期的なスパンで歯科治療を考え、最新の根管治療を提供しています。

最新の根管治療とは

最新の根管治療は、顕微鏡を使った治療が基本となります。
顕微鏡(マイクロスコープ)で診察することで、肉眼の世界を超えたミクロの次元まで歯をきれいにする治療です。
根管を拡大し、柔軟性の高い特殊なチタンリーマーなど最新の器財と高度な技術により、複雑な根や歪曲根などにも入り込み、バクテリア(感染物)を正確に除去します。

顕微鏡根管治療について詳しくこちら

柔軟性に優れたチタン リーマー
柔軟性に優れたチタンリーマー

従来のリーマー
従来のリーマー

レッジ
レッジ

ジップ
ジップ

パーフォレーション
パーフォレーション

ラバーダム イメージ

口腔内の唾液などに含まれるバクテリアが、治療中の歯に入らない様、 「ラバーダム」というカバーで覆いバクテリアから歯を隔離します。

歯科用顕微鏡 イメージ

歯科用顕微鏡 イメージ

歯科用顕微鏡です。この顕微鏡で根管を拡大して治療に入ります。
LiCCAでは、この顕微鏡以外にも歯科用3次元CTを併用し、目で見えない部分まで診察し、確実な治療を行っています。

3次元CTについて詳しくこちら

従来のレントゲン(2次元)とCT像(3次元)で診断

  • レントゲン写真
    レントゲン写真で虫歯の大きさと根管の太さ、長さや湾曲度を把握します。

  • CT3次元像
    CT3次元像。従来のレントゲンでは見えなかった歯の状態がよくわかります。

  • CT3次元像から切り出した歯の立体画像
    CT3次元像から切り出した歯の立体画像。歯の根の形を観察します。

詳しい治療と治療費については、 LiCCAのトリートメントコーディネーターにご相談ください。

根管治療の治療費についてはこちら

ページトップへ

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.