トップページ > 診療項目 > インプラント治療 > 骨の少ない方のインプラント

インプラントは土台となる骨部分が、必要な治療です。
しかし、日本人のあごの骨は欧米人に比べ、骨が少ないという事実があります。
また、インプラント治療を必要とされる方はご高齢の方が多いのですが、ご高齢の方ほど、加齢などにより骨は痩せていくため、一般的には治療が大変困難といわれています。
この「骨が少ない」という事実が、日本におけるインプラント治療の普及を困難にしてきました。
しかし、LiCCAでは、これまでの臨床例の積み重ねと、たゆまぬ創意工夫で顎骨の少ない方にもインプラントを可能にしました。
他院で、あなたの歯は“インプラントができない”と言われた方、生まれつき骨が小さくインプラントをあきらめていた方も、LiCCAでなら治療が可能です。

4つの治療術

1. 骨高の低い部位に対して、
ショートインプラントコンセプト(骨移植なし)という方法を行った場合

症例A

ショートインプラント イメージ

骨移植をせずに、わずか7mmの骨高に対してショートインプラントを使用。
大臼歯2歯に対応しています。

症例B

顎に全く歯が無い方のインプラント治療例です。

平均的な長さのインプラント イメージ
図1-1

無歯顎の方にはインプラントが入っています。
この顎堤は入れ歯を使っている方の中等度の痩せ方で、平均的な長さのインプラントです。

顎堤全体レントゲン イメージ
図1-2

図2-1の平均的な長さと比較して下さい。 極端に顎堤全体が痩せています。

この方は大学病院でインプラントをあきらめるように言われ来院されました。
このようなケースでも長さ7mmのインプラントで総インプラント義歯を入れることができました。

2. 骨巾の細い部位に対して、
骨巾拡大法スピーディーインプラントコンセプト(骨移植なし)を行う方法

骨巾拡大法スピーディーインプラントコンセプト イメージ

インプラントを入れることで骨巾を拡大する方法です。
最小骨巾が3mmあれば、巾4mmのインプラントを入れることができます。
従来必要とした骨移植をせずに、外科的な治療がとても小さくなります。

3.骨がない部位に、傾斜埋入コンセプト(骨移植なし)を行う方法

傾斜埋入コンセプト イメージ

骨が無いように診えても、3次元CTにより既存の骨を探せることがしばしばあります。骨に対して優先的に埋入するためインプラントは傾斜しますが、義歯は方向を修正して入れることができます。このケースでは「傾斜埋入」により、従来骨移植が必要な方の40%の方が骨移植を回避できます。

例えば、上顎洞(↑部分)があるために骨量がないケースには、前方の既存骨を確認し、健全なところを利用して斜めに埋入します。

4. 上顎臼歯部の骨がない場合に行う、サイナスリフト法(骨移植)

上顎臼歯部は上顎洞の空域のため骨量が不足することがあります。その時は上顎洞内に人口の骨補填材を填入し骨造成を計ります。これを上顎洞低挙上術、サイナスリフト法と言います。当院では15年の経験から最新の技法により、治療時間は片側で30分と、短時間の施術で痛みもありません。

術前の上顎大臼歯レントゲン イメージ

[術前]
上顎大臼歯の骨のレントゲンです。黄色い矢印の黒っぽいところが上顎洞の空洞域です。ほとんど骨がない状態です。

術後の上顎大臼歯レントゲン イメージ

[術後]
骨造成後の同じ部位のレントゲンです。
白っぽくなっているところが新生の骨が造成されたところです。

インプラント治療の治療方法や治療費については、LiCCAのトリートメントコーディネーターにご相談ください。

インプラント治療のQ&Aについてはこちら

インプラント治療の治療費についてはこちら

インプラントのトラブルについてはこちら

インプラントのトラブルに関するご予約・ご相談はこちらから 心斎橋インプラントセンター(月~土 9:30~18:00)TEL:0120-79-4618

ページトップへ

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.